生理前のセサミン

活性酸素を除去するのにもセサミンで

酸化するとどうなるかは、体内で抗酸化作用がよく働くかどうかにかかっています。
そもそも何で酸化するといけないのでしょうか。
簡単に言うと錆びるからです。

鉄でも参加すれば錆びますし、食物でも空気に触れると同時に酸化を始めます。
缶詰や瓶に入った製品も封を切ったときから酸化が始まるので、賞味期限が切れるのがぐっと縮まります。
実は私たちの体も酸化して酸性に傾いてしまうと、錆びるという言い方はふさわしくないかもしれませんが、要するに、老化します。

そこで抗酸化作用が必要になるわけです。
そこでとりわけ、内蔵、肝臓において大きな効果を期待できるのが、セサミンなのです。
活性酸素も体に必要ですが、多すぎると力が強すぎてしまうのです。

肝臓は解毒の働きがある大切な内蔵です。
活性酸素が過剰に出たときに早めに手を打たないと、それが肝臓に大きなダメージを与えることになりかねません。
セサミンをきちんと摂取して、細胞の酸化を防ぐことで、体に害が及ばないように助けてくれます。

飲んでいきなりの効果は期待できませんが、毎日摂取することで確実に効果は期待できます。
大事な体を守る為に、酸化をストップさせなければなりません。
日々の積み重ねが体を老化させません。
沈黙の臓器を守ってあげましょう。

このページの先頭へ