生理前のセサミン

セサミンはゴマグリナンの成分の一つ

ゴマにはたくさんの成分が含まれます。
その中でもゴマグリナンと呼ばれる成分に栄養が多く含まれます。
そもそも植物の根、茎にはリグナンという成分が含まれています。

ゴマの場合はゴマグリナンというわけです。
そしてそのゴマグリナンの成分がセサミンと呼ばれています。
このセサミンは抗酸化作用の働きがあり、体が老化するのを防いでくれます。

このセサミンは体が吸収して少しずつ効果を発揮します。
まず肝臓に達します。
肝臓に達すると、肝機能を高めてくれるのです。

ということは、お酒が好きな人には大切な役割を果たします。
お酒を飲むと、アルコールが体内をめぐります。
そして肝臓で、水と二酸化炭素に分解されます。

ここでアセトアルデヒトという有害な成分が分泌されます。
これが二日酔いにつながるのです。
お酒をのみすぎて頭が痛くなったり、次の日まで引っ張るとすると原因はこのアセトアルデヒトです。

肝機能が低下するとこの二日酔いに勝てなくなってきます。
ですから、セサミンを摂取すると、肝機能を高めてくれ、二日酔いを防止することができます。
ゴマリグナンに含まれる成分の一つ、セサミンは抗酸化作用を発揮してくれるのと、私たちの肝機能に大きな影響を及ぼします。

このページの先頭へ